Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Produce:1127

「響回とはなんだったのか」

アイドルマスター、二周目までクリアしました。EXTEND衣装のビヨンドザスターズの入手条件が変更されてしまった為、まずはフェアリーの面子を順番にプロデュースしています。PS3版だとゲーム難易度が選べるのですが、モードによってアンロックされるアイテムがあるようなので、HYPER一択で挑んでみました。

一周目(響・真・真美)

資金力不足とお守り収集を重視していたので、成績自体は終始伸び悩み。5thリリース後もランキング20位あたりをウロウロしていたのですが、ラストの対ジュピター戦(第54週)でブレイクが発生して一気に2位まで上昇しました。結果、IA大賞+部門賞1でグットエンド。

二周目(美希・雪歩・春香)

XBOX360版では1stで20位以内に入れたスコアでも届かず、2ndの4週目で20位入り。後はパーフェクトエンド目指して順調に進めていたつもりでしたが、IA大賞の条件ランキングが5位以内に変更されていたのを失念しており、売上げの状態変化も起らず6位止まり。結果、全部門賞をとるもののIA大賞を逃してノーマルエンド。


難易度:HYPER
歌姫歌王子の出現条件がファン人数15万人以上に変更されているので、早々に20位以内に入って資金営業やフェスでファンを稼げないと全部門制覇は厳しそう。ステージおまかせもできないので高ランクのライブやフェスには苦戦します。

新曲:七彩ボタン
エクストラエピソードのクリア後にアンロックされる竜宮小町の新曲。指先の伸びが大事。エクストラエピソードはIAの双璧であるIUで優勝を目指す竜宮の戦線復帰ストーリーで、小一時間ほどでクリアできるのでサクサク終わりました。

DLC:初音ミク
モデリングも頑張っているし、単品で見るとよくできていると思いきや。本編では衣装もコスプレの域をでず、なにより専用楽曲でプロデュースには使用できないので面白みにはかけました。高ランクフェスの対戦相手として登場するも基本的に相手のバースト封じをしてしまうので、カケラも見るチャンスが無いのがなおさらです。なにより竜宮小町がリバイバルするまでほぼランキング1位にいるのを見るとなにやら特殊な世相しかいないのか、などと感じてしまいます。

CM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。